サポート&ダウンロード

Web ページ(Visual Basic Script)を使った、テンプレートファイル作成例

テンプレートファイル(ラベルレイアウトファイル)の作成

  1. 1. 下記をテキストエディターで入力し、「asset.html」というファイル名で保存します。
    <HTML>
    
    <HEAD>
    
    <META http-equiv="x-ua-compatible" content="IE=8">
    
    <TITLE>固定資産ラベル作成</TITLE>
    
    <SCRIPT LANGUAGE="VBScript">
    
    <!--
    
    Sub DoPrint()
    
            Dim TheForm
    
            Set TheForm = Document.ValidForm
    
            'b-PACオブジェクトを生成
    
            Dim ObjDoc
    
            Set ObjDoc = CreateObject("bpac.Document")
    
            'P-touch Editorで作成したテンプレートファイルをオープン
    
            '固定資産名.lbxファイルを任意の場所に置いておく
    
            strDir = "LBXファイルが存在するフォルダ"
    
            bRet = ObjDoc.Open(strDir & "固定資産名.lbx")
    
            If (bRet <> False) Then   '正常にオープン?
    
                    '「固定資産名」のテキストオブジェクトに
    
                    '入力データを設定
    
                    ObjDoc.GetObject("Name").Text = TheForm.FixedAsset.Value
    
                    '「管理部門」のテキストオブジェクトに
    
                    '入力データを設定
    
                    ObjDoc.GetObject("Section").Text = TheForm.SectionName.Value
    
                    '「管理No」のテキストオブジェクトに
    
                    '入力データを設定
    
                    ObjDoc.GetObject("Number").Text = TheForm.SectionNo.Value
    
                    'バーコードオブジェクトに
    
                    '入力データを設定
    
                    ObjDoc.GetObject("QRコード1").Text = TheForm.SectionNo.Value
    
                    '印刷を実行
    
                    ObjDoc.StartPrint "DocumentName", 0
    
                    ObjDoc.PrintOut 1, 0
    
                    ObjDoc.EndPrint
    
                    ObjDoc.Close
    
            End If
    
            'b-PACオブジェクトを解放
    
            Set ObjDoc = Nothing
    
    End Sub
    
    -->
    
    </SCRIPT>
    
    </HEAD>
    
    <FORM NAME="ValidForm">
    
    固定資産名:<INPUT VALUE="" NAME="FixedAsset" SIZE=30><BR>
    
    管理部門:<INPUT VALUE="" NAME ="SectionName" SIZE=30><BR>
    
    管理No:<INPUT VALUE="" NAME ="SectionNo" SIZE=30><P>
    
    <INPUT TYPE="button" VALUE="印刷" onClick='DoPrint'>
    
    </FORM>
    
    </BODY>
    
    </HTML>
    
                   

    補足

    • 上記中「"LBXファイルが存在するフォルダ"」部分には lbx ファイルの絶対パスを入れてください。
    • 他にイメージオブジェクトを入れ替えたり、フォント情報を設定することも可能です。
    • b-PAC で使用できるメソッドは、b-PAC SDK ドキュメント(b-PAC SDK ドキュメントのダウンロード)をご覧ください。
  2. 2. 作成した「asset.html」を表示し、各入力欄に入力後「印刷」ボタンをクリックします。
    Webフォーム入力画面

P-touch Editor で作成したラベルレイアウトファイルをテンプレートにして、範囲選択した行のセルの値でラベルを印刷します。

補足

サーバーに上記ページを置き、クライアント PC に P-touch を接続して使用する場合は、次の条件である必要があります。

  • クライアント PC に下記がインストールされていること。
    - b-PAC コンポーネント
    - P-touch のプリンタードライバー
    - P-touch Editor で作成したテンプレートファイル
  • クライアント PC の Web ブラウザーが Internet Explore で、ActiveX が許可されていること。

ダウンロード

FAQ(よくあるご質問)

お問い合わせ

ご購入を検討中のお客様へ

ご利用中のお客様へ(サポート)

開発をご検討中のお客様へ

  • 目的から選ぶ

    印刷したい、プリンターを設定・管理したい場合はこちらからご確認ください

  • b-PAC

    Windows 向けアプリケーション開発ツールについてのご案内

  • モバイル SDK

    モバイル端末向けアプリケーション開発ツールのご案内

  • コマンドリファレンス

    ラベルプリンターやモバイルプリンターの制御コマンドリファレンスのご案内

  • 汎用ソフトウェア

    弊社が提供している汎用ソフトウェアのご紹介

  • 機種から選ぶ

    ご利用の機種から、提供しているツールのご紹介

  • 導入事例

    開発ツールを利用した導入事例のご紹介

サポート&ダウンロード