サポート&ダウンロード

日本(日本語)

日本(日本語)

よくあるご質問(Q&A)

ブラザースキャナードライバーと XSane をお使いいただく際に起こる問題や疑問を、わかりやすく解説しています。
Q. スキャナを認識しません。
Q. Ubuntu16.10において、スキャンができません。
Q. スキャン方法を教えてください。


Q. スキャナを認識しません。

対象スキャナドライバ
brscan,brscan2,brscan3

対象ディストリビューション
Ubuntu,LinuxMint,Debian


下記ディレクトリがあるか確かめてください。
(64bit)  /usr/lib/x86_64-linux-gnu/sane
(32bit)  /usr/lib/i386-linux-gnu/sane

上記ディレクトリがある場合は、下記を実行してください。
(64bit)  sudo cp /usr/lib64/sane/libsane-brother* /usr/lib/x86_64-linux-gnu/sane
(32bit)  sudo cp /usr/lib/sane/libsane-brother* /usr/lib/i386-linux-gnu/sane

Q. Ubuntu16.10において、スキャンができません。

libusb-0.1-4をインストールしてください。
libusb-0.1-4のインストール手順は下記のとおりです。

 sudo apt-get update
 sudo apt-get install libusb-0.1-4


Q. スキャン方法を教えてください。

スキャナードライバーをインストール後、XSane または GIMP を使ってスキャンしてください。
XSane でスキャンする場合
1.  XSane がインストールされていない場合は、ご使用のディストリビューションのリポジトリから XSane をインストールしてください。
     2.  USB にてスキャンする場合は root 権限に移行、または udev の設定を行ってください。
3.  メニューから XSane を選択、またはターミナルから xsane と入力して XSane を起動してください。
root で起動した場合は、警告が表示される場合があります。
4.  XSane の操作画面が表示されます。操作画面中の[スキャン]ボタンでスキャンできます。
GIMP でスキャンする場合
1.  XSane と GIMP がインストールされていない場合は、ご使用のディストリビューションのリポジトリから XSane と GIMP をインストールしてください。
     2.  USB にてスキャンする場合は root 権限に移行、または udev の設定を行ってください。
3.  メニューから GIMP を選択、またはターミナルから gimp と入力して GIMP を起動してください。
root で起動した場合は、警告が表示される場合があります。
4.  「ファイル」メニューから「画像の生成」-「XSane」-「スキャナ名」を選択してください。
4.  XSane の操作画面が表示されます。操作画面中の[スキャン]ボタンでスキャンできます。

Q. スキャン中に「スキャナの開始に失敗しました: 不正な引数です」と表示されます。

スキャン範囲が小さい場合(縦あるいは横幅 64dot 以下の場合)に、このエラーが表示されます。
スキャンサイズを適切に設定してください。

Q. openSUSE11.4 以降にて USB 接続で brscan-skey を実行している場合に、USB デバイスを抜き差しし、電源の ON/OFF などを行うとスキャンキーが効かなくなります。

「brscan-skey -t」にて brscan-skey を一旦終了してから、再度実行してください。

Q. Ubuntu11.10以降の64ビット版において、スキャンができません

スキャナードライバーのインストール後に、/usr/lib64 にある下記ファイルを同一ディレクトリ構成で /usr/lib 以下にコピーしてください。

■brscan の場合
/usr/lib64/libbrcolm.so.1.0.1
/usr/lib64/libbrscandec.so.1.0.0
/usr/lib64/sane/libsane-brother.so.1.0.7
/usr/lib64/sane/libsane-brother.so
/usr/lib64/sane/libsane-brother.so.1
/usr/lib64/libbrscandec.so.1
/usr/lib64/libbrcolm.so
/usr/lib64/libbrcolm.so.1
/usr/lib64/libbrscandec.so

■brscan2 の場合
/usr/lib64/libbrscandec2.so.1.0.0
/usr/lib64/sane/libsane-brother2.so.1.0.7
/usr/lib64/sane/libsane-brother2.so.1
/usr/lib64/sane/libsane-brother2.so
/usr/lib64/libbrcolm2.so.1.0.1
/usr/lib64/libbrcolm2.so
/usr/lib64/libbrscandec2.so.1
/usr/lib64/libbrscandec2.so
/usr/lib64/libbrcolm2.so.1

■brscan3 の場合
/usr/lib64/libbrscandec3.so.1.0.0
/usr/lib64/sane/libsane-brother3.so.1.0.7
/usr/lib64/sane/libsane-brother3.so.1
/usr/lib64/sane/libsane-brother3.so
/usr/lib64/libbrscandec3.so
/usr/lib64/libbrscandec3.so.1

■brscan4 の場合
/usr/lib64/sane/libsane-brother4.so.1.0.7
/usr/lib64/sane/libsane-brother4.so
/usr/lib64/sane/libsane-brother4.so.1

例えば brscan3 の場合、下記コマンドを実行します
cp /usr/lib64/libbrscandec3.so.1.0.0         /usr/lib
cp /usr/lib64/sane/libsane-brother3.so.1.0.7 /usr/lib/sane
cp /usr/lib64/sane/libsane-brother3.so.1     /usr/lib/sane
cp /usr/lib64/sane/libsane-brother3.so       /usr/lib/sane
cp /usr/lib64/libbrscandec3.so               /usr/lib
cp /usr/lib64/libbrscandec3.so.1             /usr/lib

また、上記以外のファイルがない場合は、下記のコマンドで一括してコピーできます。
   cp -r /usr/lib64/* /usr/lib

この情報はベータ2 にて検証されたものです。上記を行わなくてもスキャンできる場合は必要ありません。

Q. SELinux が稼動しているシステムにおいて、スキャンができません。

SELinux が enforcing ですと、正常にスキャンができない可能性があります。
SELinux を permissive にするか、もしくは「SELinux troubleshooter」の指示に従ってセキュリティポリシーを変更してください。
この現象は現在 Fedora14 にて確認されています。
Fedora14 以降のバージョンでも同様の可能性があります。

Q. Ubuntu 10.04 以降でスキャナーを使用できますか?

通常のインストール手順および、FAQ に書かれた Ubuntu 9.10 と同等の対応をすることによりスキャンできます。
一般ユーザーでスキャンする場合
udev の設定は Ubuntu 9.10 と同等です。
「スキャナードライバーのインストール方法 (USB接続)」をご参照ください。
XSane でスキャンをする場合
XSane はデフォルトではインストールされていません。
Synaptic パッケージ・マネージャーから XSane をインストールしてください。

Q. Ubuntu 10.04 以降でスキャンキーツールを使用できますか?

通常のインストール手順および、FAQ に書かれた Ubuntu 9.10 と同等の対応をすることによりスキャンできます。
scan to image を使用する場合
scan to image では gimp を使用しますが、Ubuntu 10.04 では標準ではインストールされていません。
Synaptic パッケージ・マネージャーから gimp をインストールしてください。
scan to email を使用する場合
sendmail および postfix はデフォルトではインストールされていません。
Synaptic パッケージ・マネージャーから sendmail または postfix をインストールしてください。

Q. スキャンキーツールをインストールしても、スキャンボタンでのスキャンができません。
スキャンボタンを押すと、「接続を確認してください」というメッセージが表示されます。 または、「スキャン to FTP」以外のスキャンが選択できません。 (ネットワーク接続されたスキャナー)

スキャンキーツールは"eth0"に割り当てられたネットワークアダプタに接続されているネットワークを確認するように設定されています。
スキャナーの接続されているネットワークが"eth0"でない場合、手動での設定変更が必要となります。

設定変更方法:
1. 使用しているネットワークアダプタ名を確認してください(ネットワークアダプタ名は ifconfig コマンドで確認できます)。
2. "/usr/local/Brother/sane/brscan-skey-(バージョン).cfg"ファイルをテキストエディタで開いてください。
3. "eth=(手順1にて確認したアダプタ名)" の行を追加してください。
4. スキャンキープログラムを再起動してください(「brscan-skey -t (リターンキー)」および「brscan-skey (リターンキー)」を入力してください。)
***変更が有効になるまでに数分かかる場合があります。

修正後の記述例:
--------------------------------------------------------------
eth=eth1
IMAGE="sh /usr/local/Brother/sane/script/scantoimage-0.2.1-1.sh"
OCR="sh /usr/local/Brother/sane/script/scantoocr-0.2.1-1.sh"
EMAIL="sh /usr/local/Brother/sane/script/scantoemail-0.2.1-1.sh"
FILE="sh /usr/local/Brother/sane/script/scantofile-0.2.1-1.sh"
SEMID=b
--------------------------------------------------------------

Q. インストール手順の中で記されている通りに #mount /proc/bus/usb コマンドを実行するとエラーが表示されます。

/etc/fstab ファイルの中の
  none /proc/bus/usb usbdevfs auto,devmode=0666 0 0 という記述を、以下のように修正してください。
none /proc/bus/usb usbfs auto,devmode=0666 0 0
ただし、/etc/fstab の中に
  usbfs /proc/bus/usb usbfs noauto 0 0 のような記述がある場合は、
  none /proc/bus/usb usbfs auto,devmode=0666 0 0 のように修正して、
  none /proc/bus/usb usbdevfs auto,devmode=0666 0 0 と書かれている行を削除してください。

Q. 複数枚の原稿を連続でスキャンすると、データーが上書きされてしまいます。

複数枚の原稿をスキャンする場合は、ファイル名の最後に数字をつけて、データーが上書きされないようにしてください。

Q. ADF(自動紙送り装置) を使って複数枚の原稿をスキャンすると、全ページスキャンしても、XSane では 1ページしか取り込まれません。なぜですか?

XSane 0.98以前をご利用の場合
XSane の複数ページスキャンオプション設定を変更する必要があります。
Preferences, Setup, Enhancementsを選択し、. "Automatic document Feeder Modus:"を"NONE"から" Automatic Document Feeder"に変更してください

XSane 0.99以降をご利用の場合
スキャンする枚数を指定する必要があります。XSane のメインウインドウにて、スキャン枚数を指定してください(左上隅のボックス)

Q. テキストファイルを編集して保存しようとするとエラーになってしまいます。

スーパーユーザー権限でテキストファイルを開いてください。
例: 「su」コマンドでスーパーユーザー権限を取得し、「gedit ファイル名」を実行します。
例: 「gksudo gedit ファイル名」を実行します。

Q. スキャン中、"Error during device I/O" とエラー表示されてしまいます。

本スキャナードライバーはデフォルトではスーパーユーザー権限でのみ動作します。一般ユーザーで使用する場合は、「一般ユーザーでスキャナーを使用する場合の設定 (USB接続) 」を参照ください。

Q. Fedora28でスキャナドライバが動作しません。または、スキャナを認識しません。

ターミナルから下記を実行してください。

sudo dnf install libnsl-2.27-8.fc28.x86_64

注意事項

Linuxディストリビューションに含まれているブラザードライバーに関してのご質問は、Linuxディストリビューション供給元にお問い合わせください。