MFC-J907DN / MFC-J907DWN

よくあるご質問(Q&A)

よくあるご質問(Q&A)

「用紙詰まり」「繰返し用紙詰まり」などと表示されました。

パソコンの画面上や、本製品の液晶パネルに「用紙詰まり」「繰返し用紙詰まり」「紙詰まりを繰り返しています」などのメッセージが表示された場合は、液晶パネルに表示されているメッセージの内容を確認してください。
そのうえで、メッセージに該当する対処方法をクリックし、手順に従って用紙を取り除いてください。
(イラストは複合機の一例です。)
メッセージ 対処方法
「用紙詰まり A:内部/前」
「繰返し用紙詰まり A:内部/前」
「紙詰まりを繰り返しています」
用紙が前面または内部に詰まったときは
「用紙詰まり B:前」
「繰返し用紙詰まり B:前」
用紙が前面に詰まったときは
「用紙詰まり C:後ろ」 用紙が背面に詰まったときは
「用紙詰まり D:多目的トレイ」 用紙が多目的トレイに詰まったときは
「用紙詰まり E:内部/多目的」
「繰返し用紙詰まり E:内/多目的」
用紙が多目的トレイまたは内部に詰まったときは

 

 

用紙が前面または内部に詰まったときは

以下のようにして用紙を取り除きます。
 
  1. 電源プラグをコンセントから抜きます。
     
  2. 多目的トレイに用紙がセットされている場合は、用紙を取り出します。
     
  3. 用紙トレイを引き出します。
    用紙トレイを引き出す
  4. ディスクレバー(1)を手前に引いて下げます。
    ディスクレバーを手前に引いて下げる
  5. 両手で本体カバー(1)を開きます。本体カバーが保持される位置まで上げてください。
    両手で本体カバーを開く
  6. 内部に残っている用紙をゆっくり引き抜きます。紙が破れないよう、静かに抜き取ってください。
    内部に残っている用紙をゆっくり引き抜く
    ・「繰返し用紙詰まり A:内部/前」または「紙詰まりを繰り返しています」と表示されていた場合は、次の手順に進んでください。

    「用紙詰まり A:内部/前」と表示されていた場合は、手順8に進んでください。
     手順8に進む
     
  7. 内部に紙片(1)が残っていないかをよく確認します。残っている紙片があれば破れないように静かに抜き取ります。
    内部に紙片が残っていないか確認する
    • エンコーダーフィルム(半透明なフィルム)(1)に素手で触れないでください。エンコーダーフィルムに皮脂が付着したり、傷が付いたりすると新たな問題を引き起こす原因になります。
    エンコーダー
    • 内部に詰まった用紙を取り除くときは、本体内部になるべく触らないようにご注意ください。故障の原因となったり、手が汚れたりする場合があります。用紙が破れてしまった場合は、本体内部を傷つけないように注意して、紙片をピンセットなどで取り除いてください。
    • プリントヘッドが図(1)のように右端で止まっている場合は、以下の手順で操作してください。
      プリントヘッド
      (1)本体カバーを閉じます。
      (2)電源プラグを差し込みます。
      (3)本体カバーを開きます。
      (4)操作パネル上の 停止(停止ボタン)を長押しします。プリントヘッドが中央に移動します。
      (5)電源プラグを抜いて、用紙を取り除きます。
      (6)本体カバーを閉じて、電源プラグを差し込みます。本製品の電源が入り、プリントヘッドが所定の位置に自動的に戻ります。
    • プリントヘッドの下に紙が詰まったときは必ず電源プラグを抜いてください。また、プリントヘッドの損傷を避けるために紙と接触しない方向にプリントヘッドを動かし、用紙を取り除いてください。プリントヘッドの△マークがあるくぼみ部分(1)を持って動かしてください。
      プリントヘッドを動かす
  8. 本体カバーを閉じます。本体カバーの両側にある突起を持ち、ゆっくりと閉じてください。
    本体カバーを閉じる

    多目的トレイが開いている場合は、多目的トレイを閉じてください。

  9. トレイの挿入口に残っている用紙をゆっくり引き抜きます。紙が破れないように静かに抜き取ってください。
    挿入口に残っている用紙を拭き抜く
    ・「繰り返し用紙詰まり A:内部/前」または「紙詰まりを繰り返しています」と表示されていた場合は、次の手順に進んでください。

    「用紙詰まり A:内部/前」と表示されていた場合は、手順14に進んでください。
    手順14に進む
     
  10. 本体内部に紙片(1)が残っていないか確認します。残っている紙片があれば、破れないように静かに抜き取ってください。
    本体内部を確認する
  11. 本体背面の紙づまり解除カバーを開きます。両方のレバー(1)をつまみ、手前に引いて開いてください。
    紙づまり解除カバーを開く
  12. 詰まった用紙を抜き取ります。破れないように静かに抜き取ってください
    詰まった用紙を抜き取る
  13. 紙づまり解除カバーを閉じます。カバーを押して確実に閉じてください。
    紙づまり解除カバーを閉じる
  14. ディスクレバーを持ち上げて本体に押し込みます。
    ディスクレバーを持ち上げて本体に押し込む
  15. 用紙トレイを元に戻します。用紙トレイをゆっくりと確実に本体に戻します。
    用紙トレイを元に戻す
  16. 排紙トレイを確実に引き出し(1)、排紙ストッパーを開きます(2)。
    排紙トレイを確実に引き出し、排紙ストッパーを開く
  17. 電源プラグをコンセントに差し込みます。
     
  18. エラーメッセージが消えていることを確認してください。 

本体内部に紙片や異物がないのにエラーメッセージが消えない場合は、エンコーダーの清掃を行なってみてください。清掃方法は、以下のQ&Aをご覧ください。

> エンコーダーの清掃方法

用紙トレイの幅のガイドを、用紙のサイズに合わせてください。ガイドが用紙のサイズに合っていないと、紙詰まりしやすくなります。


 

用紙が前面に詰まったときは

以下のようにして用紙を取り除きます。
 
  1. 電源プラグをコンセントから抜きます。
     
  2. 多目的トレイに用紙がセットされている場合は、用紙を取り出します。
     
  3. 用紙トレイを引き出します。
    用紙トレイを引き出す
  4. ディスクレバー(1)を手前に引いて下げます。
    ディスクレバーを手前に引いて下げる
  5. トレイの挿入口に残っている用紙をゆっくりと引き抜きます。紙が破れないように静かに抜き取ってください。
    残っている用紙を引き抜く
    ・「繰返し用紙詰まり B:前」と表示されていた場合は、次の手順に進んでください。

    ・「用紙詰まり B:前」と表示されていた場合は、手順10に進んでください。
     手順10に進む
     
  6. 本体内部に紙片(1)が残っていないか確認します。残っている紙片があれば、破れないように静かに抜き取ってください。
    本体内部を確認する
  7. 本体背面の紙づまり解除カバーを開きます。両方のレバー(1)をつまみ、手前に引いて開いてください
    紙づまり解除カバーを開く
  8. 詰まった用紙を抜き取ります。破れないように静かに抜き取ってください
    詰まった用紙を抜き取る
  9. 紙づまり解除カバーを閉じます。カバーを押して確実に閉じてください。
    紙づまり解除カバーを閉じる
  10. ディスクレバーを持ち上げて本体に押し込みます。
    ディスクレバーを持ち上げて本体に押し込む
  11. 用紙トレイを元に戻します。用紙トレイをゆっくりと確実に本体に戻します。
    用紙トレイを元に戻す
  12. 排紙トレイを確実に引き出し(1)、排紙ストッパーを開きます(2)。
    排紙トレイを確実に引き出し、排紙ストッパーを開く
  13. 電源プラグをコンセントに差し込みます。
     
  14. エラーメッセージが消えていることを確認してください。

本体内部に紙片や異物がないのにエラーメッセージが消えない場合は、エンコーダーの清掃を行なってみてください。清掃方法は、以下のQ&Aをご覧ください。

> エンコーダーの清掃方法

用紙トレイの幅のガイドを、用紙のサイズに合わせてください。ガイドが用紙のサイズに合っていないと、紙詰まりしやすくなります。

 

 

用紙が背面に詰まったときは

以下のように用紙を取り除きます。

 

  1. 電源プラグをコンセントから抜きます。
     
  2. 多目的トレイに用紙がセットされている場合は、用紙を取り出します。
     
  3. 用紙トレイを引き出します。
    用紙トレイを引き出す
  4. ディスクレバー(1)を手前に引いて下げます。
    ディスクレバーを手前に引いて下げる
  5. 本体背面の紙づまり解除カバーを開きます。両方のレバー(1)をつまみ、手前に引いて開いてください。
    紙づまり解除カバーを開く
  6. 詰まった用紙を抜き取ります。紙が破れないよう、静かに抜き取ってください。
    詰まった用紙を抜き取る
  7. 紙づまり解除カバーを閉じます。カバーを押して確実に閉じてください。
    紙づまり解除カバーを閉じる
  8. ディスクレバーを持ち上げて本体に押し込みます。
    ディスクレバーを持ち上げて本体に押し込む
  9. 用紙トレイを元に戻します。用紙トレイをゆっくりと確実に本体に戻します。
    用紙トレイを元に戻す
  10. 排紙トレイを確実に引き出し(1)、排紙ストッパーを開きます(2)。
    排紙トレイを確実に引き出し、排紙ストッパーを開く
  11. 電源プラグをコンセントに差し込みます。
     
  12. エラーメッセージが消えていることを確認してください。

本体内部に紙片や異物がないのにエラーメッセージが消えない場合は、エンコーダーの清掃を行なってみてください。清掃方法は、以下のQ&Aをご覧ください。

> エンコーダーの清掃方法

  • 用紙トレイの幅のガイドを、用紙のサイズに合わせてください。ガイドが用紙のサイズに合っていないと、紙詰まりしやすくなります。

  • 給紙ローラーが汚れていると、給紙しにくくなることがあります。下記のQ&Aをご覧いただき、給紙ローラーを清掃してください。
    > 給紙ローラーを清掃するには。

 

 

用紙が多目的トレイに詰まったときは

以下のように用紙を取り除きます。

 

  1. 電源プラグをコンセントから抜きます。
     
  2. 多目的トレイに用紙がセットされている場合は、用紙を取り出します。
    用紙サポーターが立っている場合はサポーターを戻します。
    用紙サポーターを戻す
  3. 用紙トレイを引き出します。
    用紙トレイを引き出す
  4. ディスクレバー(1)を手前に引いて下げます。
    ディスクレバーを手前に引いて下げる
  5. 詰まった用紙を抜き取ります。用紙が破れないように静かに抜き取ります。
    抜き取れない場合は、解除レバー(1)を本体の後ろ方向に押しながら、用紙を抜き取ります。
    詰まった用紙を抜き取る
    A6サイズ以下の用紙、または小さな紙片が詰まったときは、以下の手順で操作してください。
     
    1. 多目的トレイの右側(1)と左側(2)をそれぞれ片方ずつ引き上げ、後方に倒します。
      多目的トレイの右側、左側をそれぞれ片方ずつ引き上げ、後方に倒す
    2. 詰まった用紙を取り除きます。
      詰まった用紙を取り除く
    3. 多目的トレイを持ち上げ、トレイの右側(1)と左側(2)を片方ずつ押し込みます。
      多目的トレイを持ち上げ、トレイの右側と左側を片方ずつ押し込む
  6. 多目的トレイを閉じます。
    多目的トレイを閉じる
  7. ディスクレバーを持ち上げて本体に押し込みます。
    ディスクレバーを持ち上げて本体に押し込む
  8. 用紙トレイを元に戻します。用紙トレイをゆっくりと確実に本体に戻します。
    用紙トレイを元に戻す
  9. 排紙トレイを確実に引き出し(1)、排紙ストッパーを開きます(2)。
    排紙トレイを確実に引き出し、排紙ストッパーを開く
  10. 電源プラグをコンセントに差し込みます。
     
  11. エラーメッセージが消えていることを確認してください。

本体内部に紙片や異物がないのにエラーメッセージが消えない場合は、エンコーダーの清掃を行なってみてください。清掃方法は、以下のQ&Aをご覧ください。

> エンコーダーの清掃方法

多目的トレイの幅のガイドを、用紙のサイズに合わせてください。ガイドが用紙のサイズに合っていないと、紙詰まりしやすくなります。

 

 

用紙が多目的トレイまたは内部に詰まったときは

以下のように用紙を取り除きます。

 

  1. 電源プラグをコンセントから抜きます。
     
  2. 多目的トレイに用紙がセットされている場合は、用紙を取り出します。
    用紙サポーターが立っている場合はサポーターを戻します。
    用紙サポーターを戻す
  3. 用紙トレイを引き出します。
    用紙トレイを引き出す
  4. ディスクレバー(1)を手前に引いて下げます。
    ディスクレバーを手前に引いて下げる
  5. 両手で本体カバー(1)を開きます。本体カバーが保持される位置まで上げてください。
    両手で本体カバーを開く
  6. 内部に残っている用紙をゆっくり引き抜きます。紙が破れないよう、静かに抜き取ってください。
    内部に残っている用紙をゆっくり引き抜く
    ・「繰返し用紙詰まり E:内/多目的」と表示されていた場合は、次の手順に進んでください。

    ・「用紙詰まり E:内/多目的」と表示されていた場合は、手順8に進んでください。
     手順8に進む
     
  7. 内部に紙片(1)が残っていないかをよく確認します。残っている紙片があれば破れないように静かに抜き取ります。
    内部に紙片が残っていないか確認する
    • エンコーダーフィルム(半透明なフィルム)(1)に素手で触れないでください。エンコーダーフィルムに皮脂が付着したり、傷が付いたりすると新たな問題を引き起こす原因になります。
    エンコーダー
    • 内部に詰まった用紙を取り除くときは、本体内部になるべく触らないようにご注意ください。故障の原因となったり、手が汚れたりする場合があります。用紙が破れてしまった場合は、本体内部を傷つけないように注意して、紙片をピンセットなどで取り除いてください。
    • プリントヘッドが図(1)のように右端で止まっている場合は、以下の手順で操作してください。
      プリントヘッド
      (1)本体カバーとディスクレバーを閉じます。
      (2)電源プラグを差し込みます。
      (3)本体カバーを開きます。
      (4)操作パネル上の 停止(停止ボタン)を長押しします。プリントヘッドが中央に移動します。
      (5)電源プラグを抜いて、用紙を取り除きます。
      (6)本体カバーを閉じて、電源プラグを差し込みます。本製品の電源が入り、プリントヘッドが所定の位置に自動的に戻ります。
    • プリントヘッドの下に紙が詰まったときは必ず電源プラグを抜いてください。また、プリントヘッドの損傷を避けるために紙と接触しない方向にプリントヘッドを動かし、用紙を取り除いてください。プリントヘッドの△マークがあるくぼみ部分(1)を持って動かしてください。
      プリントヘッドを動かす
  8. 本体カバーを閉じます。本体カバーの両側にある突起を持ち、ゆっくりと閉じてください。
    本体カバーを閉じる
  9. 詰まった用紙を抜き取ります。用紙が破れないように静かに抜き取ります。
    抜き取れない場合は、解除レバー(1)を本体の後ろ方向に押しながら、用紙を抜き取ります。
    詰まった用紙を抜き取る
  10. 多目的トレイを閉じます。
    多目的トレイを閉じる
  11. ディスクレバーを持ち上げて本体に押し込みます。
    ディスクレバーを持ち上げて本体に押し込む
  12. 用紙トレイを元に戻します。用紙トレイをゆっくりと確実に本体に戻します。
    用紙トレイを元に戻す
  13. 排紙トレイを確実に引き出し(1)、排紙ストッパーを開きます(2)。
    排紙トレイを確実に引き出し、排紙ストッパーを開く
  14. 電源プラグをコンセントに差し込みます。
     
  15. エラーメッセージが消えていることを確認してください。

本体内部に紙片や異物がないのにエラーメッセージが消えない場合は、エンコーダーの清掃を行なってみてください。清掃方法は、以下のQ&Aをご覧ください。

> エンコーダーの清掃方法

多目的トレイの幅のガイドを、用紙のサイズに合わせてください。ガイドが用紙のサイズに合っていないと、紙詰まりしやすくなります。

 

対象製品

MFC-J900DN / MFC-J900DWN, MFC-J907DN / MFC-J907DWN, MFC-J990DN / MFC-J990DWN, MFC-J997DN / MFC-J997DWN, MFC-J998DN / MFC-J998DWN

アンケートご協力のお願い

よろしければアンケートにご協力ください。 よりよい情報提供ができるよう改善に努めてまいります。

このQ&Aはお客さまの問題解決にお役にたてましたか?

コメント

このコメント欄へのお問い合わせには返答できません。
こちらにはお客さまのご連絡先等,個人情報に関係する内容は記載しないようにお願いいたします。

別のQ&Aを探しますか?