MFC-5890CN

よくあるご質問(Q&A)

よくあるご質問(Q&A)

ハガキ印刷する前のご注意 (ハガキのセットについて)

ハガキ(年賀状など)をセットするときには、下記のことをご注意ください。 
 

  1. ハガキを印刷するときは、宛名面を印刷してから裏面 (通信面) を印刷するようにしてください。 順番が逆になると、ハガキが汚れる原因になります。
     
  2. ハガキは、よくさばいてからセットしてください。
    静電気や、ハガキの加工 (裁断) 時のバリなどにより、ハガキ同士がくっついていることがあり、そのままにしておくと重送の原因になります。

     
  3. 反っているハガキは、そのまま使用しないでください。 紙づまりの原因になります。 ハガキが反っている場合は、逆側に反らせて反りをとってからご使用ください。
     
  4. ハガキは、「記録紙トレイ1」 にセットします。
    トレイカバー (1) を開いて、幅のガイド (2) を、記録紙サイズに合わせて調整します。
    (幅のガイドは、両手で持って調整してください。)
トレイカバーを開き、幅のガイドを記録しサイズに調整する
 
  1. ハガキをセットする時は、印刷面を下向きにして、記録紙の下端から先に、図のようにセットしてください。
ハガキのセット方法 1
 
  1. 写真用光沢ハガキをご利用の場合は、特に注意が必要です。 
= 準備するもの =
 
  • 「光沢ハガキ印刷用下じき」
    光沢ハガキ印刷用下じき 
  • 補助紙 (「光沢はがき」 に同梱されている取扱説明書 ― 1枚ずつ印刷する場合に使用します。)



【複数枚を連続印刷する場合】

  • 「光沢ハガキ印刷用下じき」 をセットして、その上に 「光沢ハガキ」 を必要な枚数だけセットしてください。
  • 「光沢ハガキ印刷用下じき」 に浮きがないようにしっかりとセットしてください。
  • 「光沢ハガキ」 は一度に最大 20枚までセットできますが、印刷枚数はセットした枚数より 1枚少なく設定してください。
光沢紙のセット方法(連続印刷する場合)
 
  • 最後の 1枚は印刷できません。 残った 1枚は、「1枚ずつ印刷する場合」 を参照して印刷してください。
  • 「光沢ハガキ印刷用下じき」 および、下じき上の最後の 1枚は、印刷しないでください。 故障の原因となります。


【1枚ずつ印刷する場合】

  • 「光沢ハガキ印刷用下じき」 をセットして、その上に補助紙として 「光沢ハガキ」 に同梱されている取扱説明書、「光沢はがき」 の順にセットしてください。
  • 「光沢ハガキ」 がうまく送られない場合は、「光沢はがき印刷用下じき」 および補助紙は敷かずに 「光沢はがき」 を 1枚ずつセットしてください。
光沢紙のセット方法(1枚ずつ印刷する場合)
 
  1. ハガキをセットしたあと、幅と長さのガイドをハガキのサイズに合わせて調整してください。

幅と長さのガイドを調整する
 
  1. ハガキがスライドトレイの中で平らになっていることを確認してください。

ハガキは強く押し込まない
 
  1. 印刷を開始したら、印刷が終了するまでハガキの継ぎ足しをしないでください。 重送、空送の原因になることがあります。
     
  2. セットできるハガキの枚数は 20枚です。 それ以上の枚数をセットすると、空送することがあります。

 

対象製品

MFC-5890CN, MFC-6490CN

アンケートご協力のお願い

よろしければアンケートにご協力ください。 よりよい情報提供ができるよう改善に努めてまいります。

このQ&Aはお客さまの問題解決にお役にたてましたか?

コメント

このコメント欄へのお問い合わせには返答できません。
こちらにはお客さまのご連絡先等,個人情報に関係する内容は記載しないようにお願いいたします。

別のQ&Aを探しますか?