このページの更新は終了しました。

HL-5040

よくあるご質問(Q&A)

よくあるご質問(Q&A)

紙づまりの取り除き方を教えてください。

以下の解決方法に従って、紙づまりを取り除いてください。
 
【解決方法】
 
紙づまりを取り除くときの注意事項
   ※ 紙づまりを取り除く前に、必ずお読みください。
 
記録紙がつまったときは
 

紙づまりを取り除くときの注意事項

 

 

  • 本製品の内部を操作するときは、必ず電源スイッチをオフにしてから行なってください。
     
  • つまった記録紙を引き抜くときに無理な力をかけないでください。 次に印刷されるページにトナーが飛び散ることがあります。
     
  • トナーが飛び散って手や衣服が汚れた場合は、すぐに拭き取るか冷たい水で洗い流してください。
     
  • 本製品の使用直後は、内部は非常に高温になっている部分があります。 本製品のフロントカバーまたはバックカバーを開けたときは、下図の部分には絶対に触れないでください。

 

触れてはいけない高温部分
 
本製品の内部を操作するときは、以下の図の矢印で示す電極部分には手で触れないでください。 静電気で本製品が破損することがあります。
 
触れてはいけない電極部分
 

記録紙がつまったときは

 
  1. 本製品から用紙カセットを完全に引き出します。

 

記録紙カセットを抜く
 
 
  1. つまった記録紙を取り出します。

 

詰まった記録紙を取り出す
 
 
  1. フロントカバーボタンを押し、フロントカバーを開けます。 その後、ドラムユニットを取り出します。

 

ドラムユニットを本製品から取り出す前に、あらかじめ平らな場所に新聞紙などを用意し、その上にドラムユニットを置いてください。 トナーが飛び散ることがありますので、汚れてもよい紙を用意してください。

ドラムユニットを取り出す
 
 
  1. 記録紙がつまっている場所により、下図を参照し、つまった記録紙を取り除いてください。

 

 

記録紙を取り出すときは、無理に引っぱらないでください。

 

  • 本製品の内部でつまっている場合
     
内部につまった記録紙
 
  • 用紙カセット側でつまっている場合
     
記録紙カセット側につまった記録紙
 
  • 送り込まれた記録紙が破れてしまい、手でつかめない場合
    本製品内部の左側にある、青色のジャムダイヤルを手前に回しながら、つまった記録紙を引き出します。

     
ジャムダイヤルを回す
 
 
  1. 背面排紙トレイを開けて、つまった記録紙を定着器から引き出します。
    紙づまりが解消されたときは手順7 に進んでください。

 

背面から記録紙を取り出す
 
 
  1. ジャムクリアカバーを開けて、つまった記録紙を引き出します。

 

ジャムクリアカバーを開ける
 
 
  1. ジャムクリアカバーを閉じ、背面排紙トレイを閉じます。
    HL-5040 の場合は手順11 に進んでください。

 

 
  1. HL-5070DN で両面印刷をしていた場合は、本製品から両面印刷ユニットを引き出します。

 

両面印刷ユニットを抜く
 
 
 
  1. つまった記録紙を両面ユニットから引き出します。

 

両面ユニットから記録紙を抜く
 
 
  1. 両面印刷ユニットを本製品に戻します。

     
  2. 手順4 で取り出したドラムユニットの青色のロックレバーを下に押し下げながら、ドラムユニットからトナーカートリッジを取り外します。
    ドラムユニットの内部につまった用紙があるときは取り除いてください。 その後、再びトナーカートリッジをドラムに装着します。

 

ドラムユニットからトナーを外す
 
 
  1. ドラムユニットを本製品に装着します。

     
  2. 記録紙カセットを本製品に戻します。

     
  3. フロントカバーを閉じます。

 

 

対象製品

HL-5040, HL-5070DN

アンケートご協力のお願い

よろしければアンケートにご協力ください。 よりよい情報提供ができるよう改善に努めてまいります。

このQ&Aはお客さまの問題解決にお役にたてましたか?

コメント

このコメント欄へのお問い合わせには返答できません。
こちらにはお客さまのご連絡先等,個人情報に関係する内容は記載しないようにお願いいたします。

別のQ&Aを探しますか?