このページの更新は終了しました。

HL-5040

よくあるご質問(Q&A)

よくあるご質問(Q&A)

用紙が詰まったり、複数の用紙が一緒に出てきたり(重送)、用紙トラブルが絶えません。 用紙トラブルを防ぐポイントを教えてください。

用紙のトラブルが多い原因としては、以下のような原因が考えられます。
 
  • 用紙の厚さ
  • 用紙の繊維の方向
  • 用紙を保管している場所の湿度
  • 用紙の曲がり、そり      他

 

用紙トラブル発生を防ぐために、下記の対策をおすすめいたします。
 
  • 当社の推奨紙を使用する
    【推奨紙】
    - 「(株) NBS リコー My Paper (坪量:64 g/m² )」
  • 少し厚めの用紙を使用する
  • 腰のある用紙を使用する
  • 縦目 (*) の繊維方向の用紙を使用する      など...
    (横目 (*) の用紙は紙詰まりを起こす可能性が高くなります)

 


また、用紙が重送する場合は、静電気が原因であることも考えられますので、下記のような対策もお試しください。
 
  • 記録紙はよくさばいてからセットしてください。 よくさばくことにより、重送や紙づまりが起こりにくくなります。
記録紙をさばく
 
  • 低温乾燥も、静電気の発生の原因になりますので、設置環境の見直しも、対策の一つにあげられます。

 



(*) 用紙の繊維の方向には、縦目と横目があります。
次のような確認方法で判別することが可能です。 一度お試しください。

  【用紙の繊維方向の確認手順】

 
  1. 用紙を水に浮かせ軽くひたし、すぐに引き上げます。
  2. 用紙の巻き方向で、縦目か横目かを判断します。 (下図参照)

 

縦目と横目
 
 

対象製品

HL-5040, HL-5070DN, HL-6050DN

アンケートご協力のお願い

よろしければアンケートにご協力ください。 よりよい情報提供ができるよう改善に努めてまいります。

このQ&Aはお客さまの問題解決にお役にたてましたか?

コメント

このコメント欄へのお問い合わせには返答できません。
こちらにはお客さまのご連絡先等,個人情報に関係する内容は記載しないようにお願いいたします。

別のQ&Aを探しますか?