HL-4570CDW/ HL-4570CDWT

よくあるご質問(Q&A)

よくあるご質問(Q&A)

印刷されたページに等間隔 (94mm 間隔) で汚れが現れます。

印字結果のイメージ

 

印刷した時の印刷結果に等間隔 (約 94mm 間隔) で汚れや点が発生する場合、ドラムユニットの感光体の表面に汚れが付着していることが考えられます。 下記の対策を行なってみてください。


ドラムユニットの清掃をする


【ドラムチェックシートを印刷する】

感光ドラムの汚れの位置を確認するために、以下の手順でドラムチェックシートを印刷してください。

 

<HL-4570CDW/ HL-4570CDWT の場合>
 

  1. [+] または [-]ボタンを押します。
     
  2. 「セイヒンジョウホウ」 が表示されていることを確認して、[OK]ボタンを押します。
     
  3. [+] または [-]ボタンを押して 「ドラム ヨゴレ インサツ」 を選択し、[OK]ボタンを押します。 ドラムチェックシートが印刷されます。

 

<MFC-9460CDN の場合>
 

  1. [メニュー]、[6]、[8] の順にボタンを押します。
     
  2. 「スタートボタンを押してください」 と表示されたら、[スタート]ボタンを押します。
    ドラムチェックシートが印刷されます。

 

<MFC-9970CDW の場合>
 

  1. タッチパネルで、[メニュー]、[レポート印刷]、[ドラム汚れ印刷] の順に押します。
     
  2. 「スタートボタンを押す」 と表示されたら、[スタート]ボタンを押します。
    ドラムチェックシートが印刷されます。

 

 

【ドラムユニットの清掃をする】

以下の手順で、ドラムユニットの清掃をしてください。
(イラストは HL-4570CDW の例です。)


  1. 電源スイッチをオフにします。
     
  2. すべてのケーブルを取り外し、電源コードをコンセントから抜いて、本製品から電源コードを取り外します。 本製品の背面と壁側のコンセントを両方とも外してください。
    ファクス複合機をご利用の場合は、電話機コードも外してください。

     
  3. フロントカバーリリースボタンを押して、フロントカバーを開きます。
フロントカバーを開ける
 
  1. ドラムユニットの緑色の取っ手を持ち、止まる位置まで手前に引き出します。
ドラムユニットを引き出す
 
  1. 本製品左側にある緑色のロックレバーが止まる位置までイラストの矢印の方向に回します。
ロックレバーを回す
 
  1. ドラムユニットの緑色の取っ手を持って、本製品から取り出します。
ドラムユニットを取り出す
 
  • ドラムユニットを本製品から取り外した場合は、あらかじめ平らな場所に新聞紙などを用意し、その上に置いてください。 トナーが飛び散ることがありますので、汚れてもよい紙を用意してください。
  • ドラムユニットを持つときは、ドラムユニットの緑色の取っ手を持ってください。
ドラムユニットの持ち方
 
  1. すべてのトナーカートリッジをドラムユニットから取り出します。
トナーカートリッジを取り外す
 

トナーカートリッジを持つときは、イラストのグレーの部分には触れないようにしてください。 皮脂が付着するときれいに印刷されません。

トナーカートリッジの持ち方
 
  1. ドラムユニットの歯車が緑色の取っ手の左側になるように、取っ手を持ってドラムユニットを裏返します。
ドラムユニットを裏返す
 

感光ドラムの表面は指で触れないでください。

 

  1. 印刷したドラムチェックシートで、該当するドラムと、該当する番号を確認します。
     
  2. ドラムチェックシートの番号と、ドラムユニットの番号を照らし合わせて、感光ドラムの汚れの場所を探します。
感光ドラムの汚れを探す
 
  1. ドラムユニットの歯車を手前にゆっくり回しながら、感光ドラムの汚れの場所を手前にします。
ドラムユニットの歯車を回す
 
  1. 感光ドラムの表面に付いた汚れや付着物を綿棒でふき取ります。
感光ドラムの汚れをふき取る
 
  • 感光ドラムの表面は尖ったものでふかないでください。
  • 電動器具は使用しないでください。
 
  1. トナーカートリッジをドラムユニットの色表示に合わせて、正しい位置に取り付けます。 取り付け後、トナーカートリッジの取っ手を手前に倒します。 正しく装着されるとカチッと音が鳴ります。
トナーカートリッジを取り付ける
 
  1. 残りのトナーカートリッジもドラムユニットに取り付けます。
     
  2. 本製品左側にある緑色のロックレバーがイラストのようにあがっていることを確認します。
ロックレバーの確認
 
  1. ドラムユニットの先端の部分をイラストのように入れます。 本製品にドラムユニットを戻すときは、ドラムユニットの取っ手についているガイド (2) を、本製品両端の矢印 (1) にあわせてください。
ドラムユニットを入れる
 
  1. ロックレバーが止まる位置までイラストの矢印の方向に回します。 ドラムユニットを奥へ押し込む前にロックレバーを下げてください。
ロックレバーを回す
 
  1. ドラムユニットを奥へ押し込み、フロントカバーを閉じます。
     
  2. 接続していたケーブルを取り付け、電源スイッチがオフになっていることを確認し、電源コードを本製品に接続します。
    ファクス複合機をご利用の場合は電話線コードも接続します。

     
  3. 電源プラグをコンセントに差し込みます。
     
  4. 電源スイッチをオンにします。

 

以上で、ドラムユニットの清掃は完了です。 印刷を試してみてください。



ドラムユニットを交換する


ドラムユニットの清掃をしても、改善がない場合は、ドラムユニットの交換を行なってください。ドラムユニットの交換方法は以下の Q&A をご覧ください。
> ドラムユニットの交換方法

 

対象製品

HL-4570CDW/ HL-4570CDWT , MFC-9460CDN, MFC-9970CDW

アンケートご協力のお願い

よろしければアンケートにご協力ください。 よりよい情報提供ができるよう改善に努めてまいります。

このQ&Aはお客さまの問題解決にお役にたてましたか?

コメント

このコメント欄へのお問い合わせには返答できません。
こちらにはお客さまのご連絡先等,個人情報に関係する内容は記載しないようにお願いいたします。

別のQ&Aを探しますか?