PT-9500pc

よくあるご質問(Q&A)

よくあるご質問(Q&A)

インクリボン (黒いテープ) がテープと一緒にテープ出口から出てきて、テープカセットが使えなくなりました。

インクリボン(黒いテープ)がたるんだままの状態でテープカセットをセットした時や、 印刷したテープを手で引っ張り出した時に起こる現象です。

 



インクリボンが切れていない場合は、下図のように巻き取りスプールを回して、インクリボンを巻き取ることにより修復できることがあります。

  • 回す方向を間違えないように注意してください。
  • インクリボンが切れていると巻き取りできません。新しいテープカセットに交換してください。
          Image

    インクリボンが切れたテープカセットを使用すると、本体が故障する恐れがあります。 新しいテープカセットをご使用ください。

 

今後の使用上の注意として、下記についてご留意ください。

 

  • テープの先端がテープガイドを通っていますか?
    下図のように、テープの先端がテープガイドを通っていることを確認してください。
           

  • テープカセットがしっかりと本体に装着されていますか?
    テープカセットが浮いた状態で印刷すると、ラミネートテープの貼り合わせが大きくずれたり、本体内への巻き込みが発生することがあります。 テープカセット交換時は、しっかりと奥まで押し込んでセットしてください。 特に、テープ出口付近でテープカセットが浮き上がっていないか確認してください。

    Image

  • テープを手で引き出さないでください。
    テープを手で引き出すと、インクリボンが一緒に飛び出す原因になります。

    テープを引っ張りすぎて長く出してしまった場合は、テープカセットを本体から取り出し、インクリボンが飛び出していない場合に限り、お手持ちのハサミで伸びたテープをカットしてください。その後、テープの先端がテープガイドを通っているか確認し、再度本体に正しくセットしてください。


  • インクリボン(黒いテープ)がたるんだ状態で、 テープカセットを装着しないでください。
    インクリボンがたるんでいるときは、 下図のように巻き取りスプールを回し、インクリボンのたるみを取ってからテープカセットを装着してください。 スプールを回す方向を間違えないように注意してください。
          Image

  • 印刷中にテープ排出口をふさがないでください。

  • 印刷中にテープをカットしないでください。

対象製品

PT-12 , PT-1500pc, PT-170, PT-18N/18R , PT-190, PT-24 , PT-240 , PT-2430PC, PT-250 ©Disney, PT-2500pc , PT-2730, PT-9200pc, PT-9300pc, PT-9500pc, PT-9700PC, PT-9800PCN, PT-D600, P-TOUCH PC , PT-P300BT, PT-P700, PT-P710BT, PT-P750W, PT-P900W, PT-P950NW, RL-700S

アンケートご協力のお願い

よろしければアンケートにご協力ください。 よりよい情報提供ができるよう改善に努めてまいります。

このQ&Aはお客さまの問題解決にお役にたてましたか?

コメント

このコメント欄へのお問い合わせには返答できません。
こちらにはお客さまのご連絡先等,個人情報に関係する内容は記載しないようにお願いいたします。

別のQ&Aを探しますか?